読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
9月頭に購ってから、2度ほど足入れしたWALK-OVERのホワイトバックス。

改めて、パラレルに結ばれている靴ひもをシングルに締め直そうと思い、靴ひもをほどいてみたら、左足の鳩目の金具がところどころ欠けているところを発見。一方、右足は全て揃っている。これってやっぱり、金具が欠けているのが仕様…というのではなさそうだ。

More
[PR]
# by lungs_ok | 2010-10-28 16:00 | [style]

眼鏡を購う。

3、4年ほど前に作った眼鏡はつや消しの黒のフレームだったのだが、積年の使用により全体的に白っぽくなってきていた。樹脂製のセルフレームはどのくらいの頻度で買い替えるべきものなのか、あるいは、メンテナンスさえ怠らなければ一生使えるものなのかは分からない。

しかし、その眼鏡が2年ほど経過したころにフレームのゆがみを調整してもらいにいったところ「このフレームはだいぶ前のモデルなのでゆがみやすくなっている」などと、暗に買い替えをほのめかされてきていたのもひとつの事実としてはあった。
そういう経緯もあり、新しい眼鏡を探すことにした。僕はボストン型、あるいは、ウェリントン型で探していたのだが、ほんのちょっとしたデザインの違いなどで、訳がわからなくなったり、気に入るものがなかなか見つけられなかったりしていたのだった。

眼鏡といえば、めがねのまち=福井県鯖江市であり、できれば国産で…という志を持っていたのだが、結局、巷にあふれている3プライスのショップで購ってしまった。鯖江の皆さんごめんなさい。

ボストン型、あるいは、ウェリントン型と迷っていたのだが、結局、両方を購うことに。

ボストン型は、眼鏡だけを見れば、まるで僕が敬愛してやまないウディ・アレンのようである。その眼鏡をかけると、何十年か昔にタイムスリップしたようで、その眼鏡姿を写真に収め、セピア色に染め、傷んだような加工を施して「これが、僕のおじいさんです。満鉄に勤めてたんだよね」と、まるっきりのデタラメを言っても信じられてしまいそうな勢いである。

一方のウェリントン型は、今までしていたものの延長線上にあり違和感なくかけることができた。会社に行っても、僕の眼鏡が新しくなったことに誰も気がつかなかった(!) これはもしかすると、社内での僕の影が薄いことを示しているのかもしれない。…かもしれないが…。はあ。

b0049797_15111257.png

[PR]
# by lungs_ok | 2010-09-02 15:11 | [style]

モレスキンを購う。

以前からノートにはモレスキン(クラシック、カイエ、ミュージアムシリーズなど)を使っている。ちょうど書き終えたので、幾冊目かのモレスキンを新しく購うことに。落ち込んでいる最近の気分を一新しようと、赤色のクラシックを選ぶ。

手に入れてから少しだけ違和感というか、後悔というか、そういうものが心を占める。やはり、小澤健二が着ていたような赤いダッフルコートを着ていた昔のようには、気分は高揚しない。むしろ「紅葉」という感じか…。

この赤いノートを手に入れてから芋づる式に思い出したのは、まるでこれは『毛沢東語録』のようだな、ということと、以前観たジャン=リュック・ゴダールの『東風』のことと、ルイ・アルチュセールの『マルクスのために』を読んだけれどもよく理解できなかったことと、今村仁司が紹介していたマルクスのことである。

…気分が高揚せず「紅葉」してしまうのは、この所為なのか?

b0049797_15164257.png

[PR]
# by lungs_ok | 2010-08-27 15:16 | [diary]
ここ数年ほど前から、夏用の靴として、白いヌバックの上皮で赤褐色のゴムソールの外羽根プレーントゥ──ホワイトバックスを手に入れたいものだなあと考えていた。

ホワイトバックスといえばやはりWALK-OVERだろうということで、当時ネットでデッドストック品を探してみたのだが、どのサイトも「販売終了」だったり、サイズが合わなかったりして、あきらめていたのだった。

それ以外の靴なら結構見つかるのだが、それらはスエードを使われていたりしていたので、いっそパターンオーダーで簡単に誂えることができる靴があるからトライしてみようかと思ったり、アレやコレやとその他のこと(主に、ボールペンの剣先とか、陶器製のコーヒードリッパーの内側の溝の数とか)をぼんやり考えていたら、2009年末か2010年の初めか、WALK-OVERがイタリア資本により復活するという話をどこかで見かけたのだった。

本当かなあと思っていたら、今年の春にいくつかの雑誌でにぎわい出して、なんと米国製として8月から売り出されるという記事があった。

そんな8月を迎えたある日のこと、たまたま立ち寄った店で、手に入れることができた。上記のことを一通り伝えて「いやあ、探していたんですよ。そろそろ入荷するころかなあ、なんて思ってたんですが、いつ入荷したんですか」などと聞けば、僕が購入した当日に入荷したばかりなのだそうである。

往年の形とは異なり、今様にモディファイされたロングノーズなたたずまい。これがいいのか悪いのかよく分からないが、僕はロングノーズ気味の靴を履くと平坦な道でもつまずくことが多いような気がする…。

情報源によっては9月から発売開始となっているところもあるようなので、数量が十分に確保できていないのかもしれない。亜熱帯化している日本とはいえ、夏が終わる前に手に入れられて、普段はナチュラルローな心も少しだけハイになった次第である。

問題は、どこに履いていくかということである…。

b0049797_15223968.png

[PR]
# by lungs_ok | 2010-08-13 15:22 | [style]
先日行った沖縄物産展で手に入れたのがこれ。

久米仙の古酒10年ものである。普通は瓶で熟成させるのだが、これは樽で熟成させたという。そのため、通常の泡盛は無色透明なのだが、これは木の色がほんのり付いていて、黄味がかっている。拙宅にある余市の5年ものと同じような淡い黄色である。樽で熟成させたとあって、木の香りが付いていて、シェリーのような味わいがする。

ところで、同じ会場には、別の久米仙も出展されていた。よくよく見れば、那覇市にある久米仙酒造の久米仙と、久米島にある久米仙とがあるようだ。どうして同じ名前の泡盛が作られるようになったのか、その辺りの経緯は、ちょっとよく分からない。

僕が購ったのは那覇市の久米仙酒造の久米仙であるが、その前に、久米島の久米仙も味見をさせてもらった。いずれも古酒で10年、18年(だっけ)… あとは20数年もの…。テイスティングにしては、たくさんついでくれたので、酔いそうになってしまった…。そのため記憶があいまいに…。

10年ものはややアルコールが立ちすぎているような気がしたのだが、それ以外はすばらしく、だんだんと舌触りがなめらかになっていくのであった。でも、結局、樽で熟成させたというもの珍しさが勝り、久米仙酒造の久米仙を購った次第。久米島の久米仙の方すみません、どうもごちそうさまでした。

b0049797_12155642.png

[PR]
# by lungs_ok | 2010-08-10 12:15 | [liquor]

夏向けのシャツを作る。

もう、毎年恒例と言ってもいい、いつもの場所でのドレス・シャツのパターン・オーダー・メイド。

やはり、気温や湿度が上昇してくると、コットン・ブロードでは汗を吸収したり放出したりすることがない所為か、着心地にしんどいものを感じてくる。

そこで、去年と同じように夏向けのシャツを作ることにした。

リネン/コットンが50%ずつの混紡でブルーのストライプの生地と、春夏素材と言われているコットンのエンド・オン・エンド生地(100番手)のものを選んだ。

エンド・オン・エンドとは、日本語ではハケメというらしく、なるほど、刷毛で引いたような独特の織り模様がある。それで「刷毛目」というんだね。

春夏向けとはいえ、個人的にはアンチ・クールビズを標榜しているので、ネクタイを締めることを想定して(でも普段は締めないのだが…)、ワイド・スプレッド・カラーにする。

今回は、
(1)湯通しを行なう
(2)剣ボロのボタンホールを縦にあける
(3)前立の7番目のボタンホールを横にあける
(4)手首周りのカフのサイズをジャストに近づける(最初に作ったものと比べてみると、結果的に4cm詰めたことになる!)
(5)カフを若干小さくする(8cm→7cm)

生地もサクッと選んで、前回の数値からカフをちょっと変更するくらいの指定だったので、実質10分くらいで終わる。楽だなあ。

そして待つこと1カ月。

リネン/コットン素材のものは、通気性も良く、着ていて気持ちがいい。カフやらカラーやらは去年作ったボタンダウンとは違って、しっかりとした芯地が入っているので、ネクタイを締めてもきちんとサマになるはずだ。

また、初めてのエンド・オン・エンド素材のシャツは、100番手の滑らかな指触りではあるのだが、リネン混紡のシャツと比べてしまうと、通気性という観点ではやや劣る気がする。

ここのブログを見てみると、ツイードに合わせるのをレコメンドしていたりもするので、別に春夏限定というわけではなさそうである。

コットンということで言えば、ローンやボイルの生地が良いのだろうか。あれば、今度はそれで作ってみよう。来年に期待。

b0049797_21183147.jpg

[PR]
# by lungs_ok | 2010-06-23 21:18 | [style]

イヤフォンを購う。

これまでiPodで使っていたイヤフォンがダメになった。

それは10年くらい前に購ったSONYのモバイルCDプレーヤに付属していたものだが、iPodに付属していたものよりも低音の再生能力が高く、かつ全体的に音量が大きく聴こえるのがメリットだった。

それが経年変化と共に、外部のゴム部分が割れ、完全にバラバラになってしまったのだった。

そのうち、プロユースにも耐えうるSHUREのモニターイヤフォンとか、あるいは、作り込まれた低音再生が魅力のBOSEのイヤフォンでも購おうかしら…と思っていたが、だいぶ日が経ってしまったのである。

この数週間、気分が優れないのだが、その理由として挙がるのは──いつだったかこのブログでも書いたかもしれないが──たいてい、音楽が聴けないことに起因する。

そこで、当座しのぎにと思って購ったのが、たまたま入った無印良品で見つけたこのイヤフォン

正直言って、あまり期待してはいなかったのだが、実はオーディオテクニカのOEMであることが分かり、にわかに心が躍り出した。再生周波数帯域も20〜20,000Hzであり、低域/高域の再生も期待できる。実際、使ってみたところ、普段使いでは、全く申し分ないことが分かったのである。

──で、何を最初に聴いたのかって?
渡耒宏明『How to Rock』を聴いてしまったのでした…。やれやれ。

b0049797_1262743.jpg

[PR]
# by lungs_ok | 2010-06-09 12:06 | [compose]
ちょっといい小説を読み終わって、
とてもいい気分なので、
何年か前に購い、棚の中に置きっぱなしになっていた
ボウモア(Bowmore)を開けることにした。

見てのとおり、オールドボトルの12年で、
現行品とは微妙に味わいが異なるそうだが、
僕は、現行品を飲んでいないので、
そこのところはイマイチわからない。

僕にとって生まれて初めて飲んだアイラモルトであり、
シングルモルトであり、
つまるところ基準になるのが、
このボウモアの12年なのだ。

ボウモアは他にも、
15年(Mariner)、16年(1989 Cask?)、17年、
それから、Duskだったか、Darkestだったか…
棚の中には、そんなものがいくつか眠っている。
もう、ジャンジャン開けよう!
----------
b0049797_12114287.jpg

[PR]
# by lungs_ok | 2010-05-21 12:11 | [liquor]
もうここずっと何年か気になって仕方がないのだが、
よくビジネス関連の雑誌やWebなどで、
「打ち手」というワードが散見されるように思う。

僕自身も、クライアントの担当者から
「ここは『打ち手』でしょう!」と、
得意げに赤字を入れられ、
気に入らないながらも、
不承不承そのまま世に出してしまったこともある。

想像するに、たぶん、
そこでの彼らの言いたいことは、
「ビジネス上の課題や問題に対して、
 どうやって答えるか、その具体的な対策」
を指しているのだと思う。

元の表現としては「手を打つ」に由来すると思うのだが、
だとするならば、
これって「打ち手」ではなく
「打つ手」が正しいんではないだろうか。

ちなみに僕が今、たまたま読んでいる
大前研一『企業参謀[新装版]』(プレジデント社、1999年)には、
ちゃんと「打つ手」と書いてある(p.45)。
「打ち手」と書くことは、
ビジネス誌上のtechnical termではなさそうだ。

試みに「打ち手」辞書を引けば、
こんな結果が出てくる。
(1)銃砲を撃つ人。射手。
(2)鉦(かね)・太鼓などを鳴らす役。また、その人。
(3)博打(ばくち)・すごろく・碁などを打つ人。また、その技にすぐれた人。
(4)(「討ち手」と書く)「うって(討手)」に同じ。

もしかして「打ち手」と書く人たちは、
「ビジネス課題に対する具体策はあるんだけど、
 それを遂行する人がいないんだよなあ」
として(1)の意味を、
メタフォリカルに使っているんだろうか?

それとも、ビジネスの課題に対するソリューションを
(3)の博打のようなものだと思っているんだろうか?
…恐ろしい…まさかね。
[PR]
# by lungs_ok | 2010-05-19 11:45 | [job]

iPhoneのケースを購う。

b0049797_143413.jpg

iPhoneを2010年の1月に購入してから、
他人のiPhoneと比べてみて、
なんだか物足りないなと感じていた。

それは、
僕がiPhoneを専用のケースに入れて
持ち歩いていないということ。

なぜならば、理由は簡単。

──気に入ったケースが、
なかなか見つからないからである。

僕のテーマカラーはグリーンなのだが、
(ラッキーカラーではない)
グリーンのカバーというのが見つからない。

昔のiMacを彷彿とさせるような、
黄緑色やライム色のような、
ファンシーな「緑系」の色のケースは確かに実在する。

でも僕が欲するような、
英國的なグリーン──
そう、喩えれば、
ミニクーパーやジャガーに塗られているような
深いグリーンのケースは、
本当に見つからないのだ。

…と思って、
半ばあきらめかけていた頃、
電車の中でグリーンのケースに
iPhoneを入れて持ち歩いている人を発見。

探せばきっと見つかるのだなと思って、
量販店をいくつか見て回ったところ、
ようやく見つけた。

・Simplism - Silicone Case for iPhone(Trinity.Inc)

シリコンタイプの柔らかいケースで、
よく見れば、英國的なグリーン…というには、
ややむつかしい側面もなきにしもあらずなのだが、
でもまあ、黄緑でないグリーンということで、
購入した次第である。
[PR]
# by lungs_ok | 2010-05-07 01:04 | [diary]