読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

親不知を抜きました。

親不知を抜いた。
僕の親不知は上顎下顎両方に4本生えていて、
そのうち3本はずいぶん前に抜いていたのだった。
下顎にある残り一本を温存していたのだが、ついに抜くことにした。

以前の記憶によれば、下顎の歯を抜くときは、
ペンチみたいな道具でグイグイやることもあり、
結構、痛かったように思うのだが、
実際にやってみると、そうでもなかった。

抜く途中で耳慣れない「バキッ」という音がしたので、
いぶかしがると、
「歯の根っ子が折れた」とのこと。
ゆくゆくは骨に変化するそうなので、
ずっと腫れたりしない限りは、このままにしよう、と歯科医は宣う。
へえ、そんなものなのか。

さて、抜いた後は、
出血も結構したように思うのだが、
それほどでもなかった。
齢を重ね、血の巡りが悪くなったのか…。

抜いた歯は、もちろんいただきました。
まるでペンダントやロケットのような、
首からぶら下げられるようにしたタイプの
歯の形をした専用のケースに入れてもらった。
#身につけてどうするのかとも思うのだけれど。
↓こんなケース。
b0049797_18374337.jpg

※残念ながら中身は見せられません。

1時間ほどしてから、
止血用の滅菌ガーゼを取り除いてみると、
例の、まるでブラックホールのような穴が、
赤黒く歯肉に空いているのが分かる。
これが自然と閉じていくのだから、不思議だよなあ。

…とはいえ、5日ほど過ぎた今も、
ジンジン痛むんだよなあ。
[PR]
by lungs_ok | 2010-03-09 11:53 | [health]