読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブレザーコートの身幅を詰める。

2年前の夏にここの系列ショップ/支店でPTOした、トロピカル・ウーステッドのブレザーコート。
肩幅の具合が良かったので、JIS規格によるサイズA6というものにしたのだが、出来上がったその当時から、実は、身幅が余って余って仕方がなかった。

いつか直そうと思っていたのだが、ようやくこの春夏に向けて直すことにした。

最近、洋服のリフォームは、いろんな雑誌などで特集されることもあり、だいたい大別すると、

1.購入後も体型の変化に合わせてお直しを受けてくれるテーラー

2.テーラーの技を活かして、お直し専門にやっているショップ

3.駅ビルやスーパーマーケット内に併設されているお直し専門ショップ

…に分かれるかと思う。

僕が以前フォーマルのお直しを頼んだのは、2に分類されると思うが、今回は、1と2の間に分類されるようなテーラーに頼んでみた。

持ち込んでみて、身幅を詰めたい旨を申し伝えると、早速、ピンを打ち込んでくれる。
だが、いまいち、ピンとこない。
(決して駄洒落ではない。)
合わせ鏡で背中のシルエットを確認したり、横を向いたり、振り返ったりいろいろしてみて、ようやく気がついた。

このブレザーコートはいわゆるI型であり、こんなブランドに代表されるように、良い意味で寸胴のボックスシルエットなのだが(というか、そもそもの成り立ちがアメリカを意識したものなのだが)、ウエストがシェイプされすぎているのだ。

これでは、まるで英国調のスーツのようだ。

そこで脇幅をウエストと同じ程度詰めてもらい、ピンを打っていなかった裾にも同じ程度詰めてもらった。
鏡を見直すと、今度は良い仕上がり。
トータルでたかだが3cm詰めた程度なのだが、こうも印象が変わるとは…。
(そして、そこを気にするのは本人くらいなのは重々承知なのだが…)
b0049797_1657434.jpg

今は、あまり忙しくない時期のようで、2週間ほどで仕上がってきたのである。
[PR]
by lungs_ok | 2010-04-18 16:57 | [style]