読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

夏向けのシャツを作る。

もう、毎年恒例と言ってもいい、いつもの場所でのドレス・シャツのパターン・オーダー・メイド。

やはり、気温や湿度が上昇してくると、コットン・ブロードでは汗を吸収したり放出したりすることがない所為か、着心地にしんどいものを感じてくる。

そこで、去年と同じように夏向けのシャツを作ることにした。

リネン/コットンが50%ずつの混紡でブルーのストライプの生地と、春夏素材と言われているコットンのエンド・オン・エンド生地(100番手)のものを選んだ。

エンド・オン・エンドとは、日本語ではハケメというらしく、なるほど、刷毛で引いたような独特の織り模様がある。それで「刷毛目」というんだね。

春夏向けとはいえ、個人的にはアンチ・クールビズを標榜しているので、ネクタイを締めることを想定して(でも普段は締めないのだが…)、ワイド・スプレッド・カラーにする。

今回は、
(1)湯通しを行なう
(2)剣ボロのボタンホールを縦にあける
(3)前立の7番目のボタンホールを横にあける
(4)手首周りのカフのサイズをジャストに近づける(最初に作ったものと比べてみると、結果的に4cm詰めたことになる!)
(5)カフを若干小さくする(8cm→7cm)

生地もサクッと選んで、前回の数値からカフをちょっと変更するくらいの指定だったので、実質10分くらいで終わる。楽だなあ。

そして待つこと1カ月。

リネン/コットン素材のものは、通気性も良く、着ていて気持ちがいい。カフやらカラーやらは去年作ったボタンダウンとは違って、しっかりとした芯地が入っているので、ネクタイを締めてもきちんとサマになるはずだ。

また、初めてのエンド・オン・エンド素材のシャツは、100番手の滑らかな指触りではあるのだが、リネン混紡のシャツと比べてしまうと、通気性という観点ではやや劣る気がする。

ここのブログを見てみると、ツイードに合わせるのをレコメンドしていたりもするので、別に春夏限定というわけではなさそうである。

コットンということで言えば、ローンやボイルの生地が良いのだろうか。あれば、今度はそれで作ってみよう。来年に期待。

b0049797_21183147.jpg

[PR]
by lungs_ok | 2010-06-23 21:18 | [style]