読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

作業メモ

b0049797_1713170.jpg
Cubase SX上での作業は次のような感じ。

・取り込んだオーディオ・データに合わせて、テンポ・トラックを作成。結構、リズムが揺れているので、小節単位で管理。

・MIDIトラックを足していく。

・アレンジに沿って、楽器(ここでは音源としてREASON)を選択。

・フレーズを打ち込む。

-----
少し前なら考えられなかったような構成で音色を足していけるのは、やはり良い時代になったというべきか。

昔でいえば、AKAIのサンプラーを何台も積むような何百万もの投資が必要だったことが、割合サクサクッと出来てしまうのだから。

でも、いつも思うけど、機材が豊富だからといって、それだけで良いのは作れないんだよね。

もちろん、あるに越したことはないんだけど。

-----
課題。

MIDIの打ち込みで、REASONの音色にもよるのだが、ベロシティを正しく認識してくれない。

そこで、エクスプレッション・コントローラで制御することに。

だが、これも聴感上はなんの変化もないので、奥の手・禁じ手としてボリューム・コントローラで制御することに…。やれやれ。

あと、打ち込みはCubaseよりも、やっぱりPerfomerの方がやりやすいな。痒いところに手が届くというか。
[PR]
by lungs_ok | 2006-07-17 23:01 | [compose]