読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

MacBookと脳のイイ関係?

仕事ではMacBookを使っています。

OS X以降でよく見かける、
カーソルが七色のクルクル回るやつ。

メールを送信した後に、
これがずーっとクルクル回っていたんだけれど、
待てども待てども、クルクル、クルクル。

コマンド+オプション+エスケイプで強制終了!
…と思ってやってみても、ウンともスンとも言わない。

しょうがないので、
電源から直接強制終了させて再起動したら、
起動画面ではフォルダに「?」の見慣れないアイコンが。

こちらこそ「?」という感じでしたが、
イヤーな予感がしたので、
CDで起動させてDisk First Aidを試みようとしたのだけれど、
そもそも、ハードディスクが見当たらないとおっしゃるんですなあ。

アップルのサポートに連絡したら、
・ハードディスクにきっと問題があるだろう(僕もそう思う)
・データを復旧させたいなら、アップルストアに行けばよい
・復旧と修理の受付を同時にやってもらえる
…ということだったので、
仕事が立て込んでいたこともあり、
会社の人に持ってってもらった。

結果からいうと、
やっぱりハードディスクに物理的な問題があって、
データは復旧できず、
まったく新しいハードディスクに交換されて戻ってきた。

交換には2〜3日はかかるとのことだったけれど、
その日のうちに交換完了。

スピーディなのはうれしいのだが、
今の仕事に携わってからの、
まる4年分のデータがまったくなくなったのであった。

なくなったのと同時に、
仕事にまつわる僕の記憶もすべてなくなってしまったようで、
交換したてのハードディスクのように、
脳みそが、しわひとつない、つるりとした、
できたてのホヤホヤのようなものに感じられた。

仕事は進行中なのだが、
「まさに今しかかっている」というよりも、
「クライアントから返事を待つ」というような状況だったので、
大事にはいたらなかったのが不幸中の幸いということか。

ある意味で、
仕事のノウハウやら成果物やらのアーカイブが、
僕の身体から拡張されていて、
ハードディスクに蓄積されていたのだな、
ということを認識したのであった。

では、
覚えているべき分がハードディスクに移されていたとすると、
その120GB分ばかり空いた僕の脳みそには、
何がつまっていたのだろうか?

むつかしい疑問ですね。
[PR]
by lungs_ok | 2008-06-24 23:25 | [job]