読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:[style]( 20 )

9月頭に購ってから、2度ほど足入れしたWALK-OVERのホワイトバックス。

改めて、パラレルに結ばれている靴ひもをシングルに締め直そうと思い、靴ひもをほどいてみたら、左足の鳩目の金具がところどころ欠けているところを発見。一方、右足は全て揃っている。これってやっぱり、金具が欠けているのが仕様…というのではなさそうだ。

More
[PR]
by lungs_ok | 2010-10-28 16:00 | [style]

眼鏡を購う。

3、4年ほど前に作った眼鏡はつや消しの黒のフレームだったのだが、積年の使用により全体的に白っぽくなってきていた。樹脂製のセルフレームはどのくらいの頻度で買い替えるべきものなのか、あるいは、メンテナンスさえ怠らなければ一生使えるものなのかは分からない。

しかし、その眼鏡が2年ほど経過したころにフレームのゆがみを調整してもらいにいったところ「このフレームはだいぶ前のモデルなのでゆがみやすくなっている」などと、暗に買い替えをほのめかされてきていたのもひとつの事実としてはあった。
そういう経緯もあり、新しい眼鏡を探すことにした。僕はボストン型、あるいは、ウェリントン型で探していたのだが、ほんのちょっとしたデザインの違いなどで、訳がわからなくなったり、気に入るものがなかなか見つけられなかったりしていたのだった。

眼鏡といえば、めがねのまち=福井県鯖江市であり、できれば国産で…という志を持っていたのだが、結局、巷にあふれている3プライスのショップで購ってしまった。鯖江の皆さんごめんなさい。

ボストン型、あるいは、ウェリントン型と迷っていたのだが、結局、両方を購うことに。

ボストン型は、眼鏡だけを見れば、まるで僕が敬愛してやまないウディ・アレンのようである。その眼鏡をかけると、何十年か昔にタイムスリップしたようで、その眼鏡姿を写真に収め、セピア色に染め、傷んだような加工を施して「これが、僕のおじいさんです。満鉄に勤めてたんだよね」と、まるっきりのデタラメを言っても信じられてしまいそうな勢いである。

一方のウェリントン型は、今までしていたものの延長線上にあり違和感なくかけることができた。会社に行っても、僕の眼鏡が新しくなったことに誰も気がつかなかった(!) これはもしかすると、社内での僕の影が薄いことを示しているのかもしれない。…かもしれないが…。はあ。

b0049797_15111257.png

[PR]
by lungs_ok | 2010-09-02 15:11 | [style]
ここ数年ほど前から、夏用の靴として、白いヌバックの上皮で赤褐色のゴムソールの外羽根プレーントゥ──ホワイトバックスを手に入れたいものだなあと考えていた。

ホワイトバックスといえばやはりWALK-OVERだろうということで、当時ネットでデッドストック品を探してみたのだが、どのサイトも「販売終了」だったり、サイズが合わなかったりして、あきらめていたのだった。

それ以外の靴なら結構見つかるのだが、それらはスエードを使われていたりしていたので、いっそパターンオーダーで簡単に誂えることができる靴があるからトライしてみようかと思ったり、アレやコレやとその他のこと(主に、ボールペンの剣先とか、陶器製のコーヒードリッパーの内側の溝の数とか)をぼんやり考えていたら、2009年末か2010年の初めか、WALK-OVERがイタリア資本により復活するという話をどこかで見かけたのだった。

本当かなあと思っていたら、今年の春にいくつかの雑誌でにぎわい出して、なんと米国製として8月から売り出されるという記事があった。

そんな8月を迎えたある日のこと、たまたま立ち寄った店で、手に入れることができた。上記のことを一通り伝えて「いやあ、探していたんですよ。そろそろ入荷するころかなあ、なんて思ってたんですが、いつ入荷したんですか」などと聞けば、僕が購入した当日に入荷したばかりなのだそうである。

往年の形とは異なり、今様にモディファイされたロングノーズなたたずまい。これがいいのか悪いのかよく分からないが、僕はロングノーズ気味の靴を履くと平坦な道でもつまずくことが多いような気がする…。

情報源によっては9月から発売開始となっているところもあるようなので、数量が十分に確保できていないのかもしれない。亜熱帯化している日本とはいえ、夏が終わる前に手に入れられて、普段はナチュラルローな心も少しだけハイになった次第である。

問題は、どこに履いていくかということである…。

b0049797_15223968.png

[PR]
by lungs_ok | 2010-08-13 15:22 | [style]

夏向けのシャツを作る。

もう、毎年恒例と言ってもいい、いつもの場所でのドレス・シャツのパターン・オーダー・メイド。

やはり、気温や湿度が上昇してくると、コットン・ブロードでは汗を吸収したり放出したりすることがない所為か、着心地にしんどいものを感じてくる。

そこで、去年と同じように夏向けのシャツを作ることにした。

リネン/コットンが50%ずつの混紡でブルーのストライプの生地と、春夏素材と言われているコットンのエンド・オン・エンド生地(100番手)のものを選んだ。

エンド・オン・エンドとは、日本語ではハケメというらしく、なるほど、刷毛で引いたような独特の織り模様がある。それで「刷毛目」というんだね。

春夏向けとはいえ、個人的にはアンチ・クールビズを標榜しているので、ネクタイを締めることを想定して(でも普段は締めないのだが…)、ワイド・スプレッド・カラーにする。

今回は、
(1)湯通しを行なう
(2)剣ボロのボタンホールを縦にあける
(3)前立の7番目のボタンホールを横にあける
(4)手首周りのカフのサイズをジャストに近づける(最初に作ったものと比べてみると、結果的に4cm詰めたことになる!)
(5)カフを若干小さくする(8cm→7cm)

生地もサクッと選んで、前回の数値からカフをちょっと変更するくらいの指定だったので、実質10分くらいで終わる。楽だなあ。

そして待つこと1カ月。

リネン/コットン素材のものは、通気性も良く、着ていて気持ちがいい。カフやらカラーやらは去年作ったボタンダウンとは違って、しっかりとした芯地が入っているので、ネクタイを締めてもきちんとサマになるはずだ。

また、初めてのエンド・オン・エンド素材のシャツは、100番手の滑らかな指触りではあるのだが、リネン混紡のシャツと比べてしまうと、通気性という観点ではやや劣る気がする。

ここのブログを見てみると、ツイードに合わせるのをレコメンドしていたりもするので、別に春夏限定というわけではなさそうである。

コットンということで言えば、ローンやボイルの生地が良いのだろうか。あれば、今度はそれで作ってみよう。来年に期待。

b0049797_21183147.jpg

[PR]
by lungs_ok | 2010-06-23 21:18 | [style]
2年前の夏にここの系列ショップ/支店でPTOした、トロピカル・ウーステッドのブレザーコート。
肩幅の具合が良かったので、JIS規格によるサイズA6というものにしたのだが、出来上がったその当時から、実は、身幅が余って余って仕方がなかった。

いつか直そうと思っていたのだが、ようやくこの春夏に向けて直すことにした。

最近、洋服のリフォームは、いろんな雑誌などで特集されることもあり、だいたい大別すると、

1.購入後も体型の変化に合わせてお直しを受けてくれるテーラー

2.テーラーの技を活かして、お直し専門にやっているショップ

3.駅ビルやスーパーマーケット内に併設されているお直し専門ショップ

…に分かれるかと思う。

僕が以前フォーマルのお直しを頼んだのは、2に分類されると思うが、今回は、1と2の間に分類されるようなテーラーに頼んでみた。

持ち込んでみて、身幅を詰めたい旨を申し伝えると、早速、ピンを打ち込んでくれる。
だが、いまいち、ピンとこない。
(決して駄洒落ではない。)
合わせ鏡で背中のシルエットを確認したり、横を向いたり、振り返ったりいろいろしてみて、ようやく気がついた。

このブレザーコートはいわゆるI型であり、こんなブランドに代表されるように、良い意味で寸胴のボックスシルエットなのだが(というか、そもそもの成り立ちがアメリカを意識したものなのだが)、ウエストがシェイプされすぎているのだ。

これでは、まるで英国調のスーツのようだ。

そこで脇幅をウエストと同じ程度詰めてもらい、ピンを打っていなかった裾にも同じ程度詰めてもらった。
鏡を見直すと、今度は良い仕上がり。
トータルでたかだが3cm詰めた程度なのだが、こうも印象が変わるとは…。
(そして、そこを気にするのは本人くらいなのは重々承知なのだが…)
b0049797_1657434.jpg

今は、あまり忙しくない時期のようで、2週間ほどで仕上がってきたのである。
[PR]
by lungs_ok | 2010-04-18 16:57 | [style]
フランネルのブレザーコートを着て、マフラーを巻こうとしたら、
金属の物体が床に落ちる音がした。

500円玉にしては重たい音だなと感じたのだが、
よく見れば、
段返り三つボタンのブレザーコートの、
真ん中のボタンが取れていた。

リフォームに出してもいいのだが、
せっかくなので、自分で繕おうと思い立った次第である。

さて、どんな糸で縫えばいいのか。

ボタンが取れた部分に残る糸を光にかざしてみると、
コットンとは異なる光沢があり、
繊維のようなものがピンと毛羽立っている。

もしかして、丈夫なビニルや
ナイロンのような糸を使っているのかとも思ったのだが、
調べてみれば、
スーツやジャケットのボタン付けに用いる糸は、
麻でできた糸が多いということが判明。
(ちなみにボタンホールは、
 絹糸で縫われることが多いのだとか)。

繊維のようなものは、つまりは麻だったんだね。

これまで麻の糸というものを見たことはなかったが
(荷造りに使う麻ひもは見たことがあった)、
たぶん、この糸がそうなのだろうと思い、
方々を探して歩いたところ、
ロウ引きの麻糸というのを見つけた。
(他にも、麻糸は、革を縫うのに使われるようで、
 むしろ、店頭の品揃え的には、圧倒的にそちらの種類が多かった)。

さっそくブレザーコートのメタルボタンを繕う。
b0049797_15354072.jpg

職人の手による他のボタンは、
取れそうで取れない程度に遊びを設け、
甘く縫い付けてあるのだが、
なにぶん、僕は素人なので、
知らず知らずのうちに、
ガッチガチになってしまう。

まあ、これで当分ボタンが取れることはあるまい。
[PR]
by lungs_ok | 2010-03-17 15:35 | [style]

マルセイユ石鹸を贖う。

伊勢丹吉祥寺店の閉店セールの続き。

海島綿(シーアイランド・コットン)の
ハンカチを買ったあと、
さらに店内を徘徊していたところ、
リビング/バス用品のフロアで見つけたのが、
マルセイユ石鹸。

しかも、憧れの(と言うには大袈裟か)
マリウス・ファーブルが、
なんとワゴンセール扱いなのだ。

見ると、オリーブオイルベースのものが5個、
パームオイルベースのものが20個ほど、
無造作に置かれている。
ちょっぴり切ないなあ。

僕は迷わず
オリーブオイルベースのもの5個全部と、
ちょっと迷ってから
パームオイルベースのものを5個を、
それぞれ手に取った次第である。

b0049797_02920100.jpg


いつものように使っている
セライユというマルセイユ石鹸に比べて、
マリウス・ファーブルは、
洗いあがりがしっとりしているように感じる。

だいたい1ヵ月につき1個使うサイクルなので、
たぶん今年はもう石鹸のことを考えなくていいのだと思う。

なかなかいい買い物ができたのであった。
[PR]
by lungs_ok | 2010-02-05 00:29 | [style]
全国にある百貨店の経営環境は厳しいらしい。

先日も有楽町にある西武が閉店するというニュースを聞いた。

勝ち組のようにいわれ続けてきた伊勢丹も、
ちょっと前のニュースにあったように、
吉祥寺店を閉店するそうだ。

これは経営統合した三越に対して
「不採算店舗をどうにかしなさい、
 俺たちは本気なんだぞ」ということを
表しているのだとか…。

いずれにしても、吉祥寺の次の店舗は
次はどんなお店になるのかなと想像したりするのだが
(やっぱり、アレやコレが入るのかな…?)、
様子を見てみようと、
閉店セールなるものに吉祥寺まで足を運んだ。

店内は通常のセールが
閉店の3月まで毎日のように続くような勢いで、
とても多くの人でにぎわっていた。

最近は足元が寒いので、
ウールのホーズでもないかなあ…と物色していたら、
見つけたのがこれ。
b0049797_21532668.jpg

海島綿(シーアイランドコットン)でできたハンカチである。

カリブ海のごく限られた地域だけにしか育たないという
このデリケートなコットンは、
生産量が綿全体の10万分の1にすぎず、
日本では「西印度諸島海島綿協会」という協同組合が
窓口となり原綿を仕入れているそうである。

このコットンでできたハンカチは、
希少価値が高いだけもあって、
手触りが非常になめらかである。
布の端を丸めるふちがかりはおそらく手巻きであろう。
今どき国産というのも嬉しいではないか。

以前からネイビーとグレーがほしかったので、
手に取ったところ、
おそらく、通常市価の半分とか4分の1だった(!)。

ストライプや小紋やチェックのものを求めた次第である。
[PR]
by lungs_ok | 2010-02-01 21:53 | [style]
b0049797_23292977.png

2年前に、いちばん最初にオーダーしたシャツのカラーとカフが痛んできたので、直すことにした。ホワイト地の二枚はあまりにも黄ばんできていたため、こちらは直すことはせずに靴磨き用の布としてリユースするとしよう。ブルー地の二枚を直すことにしたのである。

オーダーした店へ出向き、カフとカラーを交換したい旨を伝えるが、残布では台襟くらいしか取れないことが判明する。そこでブルー無地は工場へ在庫を確認し、同じ布があればそれを用いてもらうことにする。

同じ布を用いる際には、たいていの場合、身頃の色味が退行しているため「カフとカラーとの色味が変わるが構わないか?」と訊かれる。よほど、そのことでクレームを言う客がいるということなのだろうかしら。そもそも、基本的には、装いにおいてはシャツ姿だけではあり得ず、上衣を着れば身頃はVゾーンのほんのわずかのスペース──つまり、上衣のラペルとネクタイとの隙間──しかのぞかないわけなので、気にする方がどうかしていると僕は思う。(とはいえ、本当に熱い真夏日では、僕もシャツ姿になるのだが)。とまあ、いろいろあるのだが、同じ布地で構わないと伝える。

一方の、ヘリンボンの生地は、相談した挙げ句、カラーはタブカラーに、カフは7cmのフレンチ・カフにする。担当の方はいろいろ相談に乗ってくれて、5mmほど台襟を高くし、そのぶん、カラーの長さも調節することとなった。

待つこと2週間ほど。仕上がったシャツは、生まれ変わったかのようで、あるいは、また新しいシャツを手に入れたようで新鮮だった。タブカラーは(貝ボタン仕様にするのを忘れてしまったのだが)、ネクタイが立体的に浮かび上がり、身が引き締まる思いがする。カラーを変えるだけで、こんなに気分が変わるとは、驚きだ。シャツのリフォーム/リメイクは病み付きになりそうである。
[PR]
by lungs_ok | 2009-08-30 23:29 | [style]
毎年恒例になりつつある、いつもの場所でのドレス・シャツのパターン・オーダー・メイド。今回は、去年から目論んでいた通り、夏向けのシャツを作った。すなわち、リネン、またはリネン/コットン混紡の素材による、ポロカラーのシャツである。

売場では、限定ということでイタリアン・メイドのコットン素材も100種類くらい紹介されており、心がとても揺れ動いたのだが(イタリア…あぁ!)、見たところ、欲しい色やら柄やらがなかったので、グッとこらえて当初の目的通り、リネン素材を選ぶことに。

本当は、無地のブルーのものが良かったのだが、これは、ポリエステルも含む素材であることがわかり、断念した。結局、白の織柄の入っているドビーと、ブルーのストライプのものを選んだのであった。共に50%ずつのリネン/コットン混紡素材。

去年からの積み残しの課題としては、
(1)湯通しを行なう
(2)剣ボロのボタンホールを袖と平行にあける
(3)前立の7番目のボタンホールを横向きにあける
(4)手首周りのカフのサイズをジャストに近づける
(5)スプリット・ヨークにできるのか知りたい
(6)芯地はどのようなものがあるのか知りたい
(7)スペアのカフやカラーが作れるのか知りたい
…ということを挙げていたが、今回は、採寸担当の方とスムーズにやりとりすることができた(でも、スプリット・ヨークの件は訊き忘れた…)。

素材がリネン/コットンということもあり、湯通しはあらかじめ想定されていたし、ボタンホールはオプション料が発生することなく希望通りの向きであけてくれると言うし、カフの手首まわりのサイズも短くしてもらえたし、芯地はポロカラーにあわせてしなやかなものを選ぶって言うし、スペアのカフやカラーは作っても良いが、取り付けるのに同じくらいの工賃が発生すると言うし(なので頼まなかった)…というくらい、思うままにいったのである。

その他としては、裄丈はさらに1cm伸ばし、バックプリーツは、センターのボックス・プリーツに。ポロカラーはアメリカン・スタイルではなく、台襟が高め、襟の長さが長めのイタリアン・スタイル(と言っていいのか?)にする。そのため、こんなシャツにあるような、ボタンの厚さを5mmに指定した。

そして待つこと1カ月。
受け取りに行って、品物を改めると、やや、残念なことが…。襟を留める筈のボタンがほつれていたり、剣ボロのボタンホールの向きが指定と異なっていたりしている。着心地にはおそらく影響がないとは思うものの、気分的に落ち着かないので、やり直してもらった(ちなみに剣ボロのボタンホールの向きについて改めて訊いたところ、指定は「縦」が正しいそうである)。そして、さらに1週間ほど待って、仕上がってきたのが写真のシャツである。
b0049797_1772354.jpg

カフのサイズをしぼったためか、袖幅は今までのものに比べて、よりタイトに仕上がった。また、リネン特有のシャリ感と、風を通す織り方(というのか?)のおかげで、夏でも涼しい気分で過ごせそうである。ややカフの大きさが手首のサイズからブカブカであるものの、それは、ボタンを付け直せば済むことだ。どんどん満足のいく一着に近づいていくように思う。
[PR]
by lungs_ok | 2009-06-27 17:08 | [style]