読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:[health]( 12 )

親不知を抜きました。

親不知を抜いた。
僕の親不知は上顎下顎両方に4本生えていて、
そのうち3本はずいぶん前に抜いていたのだった。
下顎にある残り一本を温存していたのだが、ついに抜くことにした。

以前の記憶によれば、下顎の歯を抜くときは、
ペンチみたいな道具でグイグイやることもあり、
結構、痛かったように思うのだが、
実際にやってみると、そうでもなかった。

抜く途中で耳慣れない「バキッ」という音がしたので、
いぶかしがると、
「歯の根っ子が折れた」とのこと。
ゆくゆくは骨に変化するそうなので、
ずっと腫れたりしない限りは、このままにしよう、と歯科医は宣う。
へえ、そんなものなのか。

さて、抜いた後は、
出血も結構したように思うのだが、
それほどでもなかった。
齢を重ね、血の巡りが悪くなったのか…。

抜いた歯は、もちろんいただきました。
まるでペンダントやロケットのような、
首からぶら下げられるようにしたタイプの
歯の形をした専用のケースに入れてもらった。
#身につけてどうするのかとも思うのだけれど。
↓こんなケース。
b0049797_18374337.jpg

※残念ながら中身は見せられません。

1時間ほどしてから、
止血用の滅菌ガーゼを取り除いてみると、
例の、まるでブラックホールのような穴が、
赤黒く歯肉に空いているのが分かる。
これが自然と閉じていくのだから、不思議だよなあ。

…とはいえ、5日ほど過ぎた今も、
ジンジン痛むんだよなあ。
[PR]
by lungs_ok | 2010-03-09 11:53 | [health]

帯状疱疹になりました。

ビョーキネタばかりが多い気がしますが…
帯状疱疹になりました。

数日前から、
下半身がピリピリと痛みだし、
なんかヘンだなあ、
と思っていたら、
ニキビの親玉のようなブツブツがいくつか出てきて、
気がつくと、
ちっちゃいプチプチとしたものが広がっている。

想像してみてほしい。

ふとももの内側や足の付け根など、
下半身のやわらかいところに、
ちっちゃなプチプチとしたものが、
どんどんと広がっていく様を…。

テンションが下がる、下がる…。

帯状疱疹とは、
昔、罹った水疱瘡のウイルスが体内に残っていて、
ストレスや疲労などで免疫力が低下した際に、
再び顔を出すという病気。
なので、罹る割合としては、
圧倒的に50歳代以降の方々が多いらしい。

その年齢に到達するまでには、
まだ当分時間が必要な僕は、
どんだけ疲れているんだか、
ストレスフルな状況にいるんだか…。

水疱瘡をやった人ならば、
感染することもないそうです。
ビタミンB系の薬やウイルスを抑える薬、
ワセリンなどを処方してもらいました…。

*sigh*
[PR]
by lungs_ok | 2009-04-30 19:56 | [health]
大晦日からひいていた風邪が、
3週間くらいかけて治ったのもつかの間。

2月に入り、
躯中が、寒くて、ダルくて、喉も痛いし、鼻水も出るなあ、
また、風邪かよ…と思って病院に行った。

「検査をしましょう」と医者に言われ、
20cmくらいはあるだろう、長い長い綿棒で、
鼻腔の奥の奥にある粘膜をつつかれ、
検査薬に浸けて待つこと10分間。

別室に通され、
自然とわき上がる涙をハンケチで拭いながら、
鼻水をティッシュでかみ、
名前を呼ばれたので、再び診察室に戻ると、
医者の様子がさっきと違う。
──マスク姿なのだ。

「出ました。A型です」
「でも、先々月に予防接種を受けましたよ」と、
負け惜しみを言うような気持ちで告白すると、
予防接種を受けたから絶対感染しないわけではない、とおっしゃる。
うーん。
それじゃ、今でも38度近く熱があるけれど、
予防接種をしなかったら、もっと高熱の40度近い熱が出ていたんだよなあ、
となんとなく納得することにする。

医者が箱から何やら取り出したのがこれ。
b0049797_14564658.jpg

新しいUSBカードリーダーみたいな佇まいだけれど、
グラクソスミスクラインのロゴタイプがあるとおり、
これは歴としたリレンザという抗インフルエンザ薬なのである。
開くとこんな感じ。
b0049797_14582619.jpg

※ますますUSB接続できそうだけれど、
 プラグインするのはPCではなくてお口の方です。

飲み薬とは違って、粉上の薬を吸い込むという、
あまり見慣れないタイプの薬です。
なんでも、去年、一昨年あたりに話題になったタミフルは、
すでに耐性のウイルスが出ているそうで、
このリレンザという新しい薬が処方されることになったのだとか。
しばらくお休みです。
b0049797_1572716.jpg

[PR]
by lungs_ok | 2009-02-06 15:08 | [health]

今度は…

腰がジンジンと痛いです。
たまにズキッと。

先週は原因不明の鼻血だった。
毎週、何かしらあるなあ…。

誰かには、
「今年いっぱいだな(命が)」
と言われました。

健康って何だ?
[PR]
by lungs_ok | 2005-11-21 22:56 | [health]

久しぶりに

鼻血。

といっても野沢直子のアルバムではなくて。

通勤の電車の中でタラリと始まり、2、3時間止まらないので少し焦った。

首のつけねにピンポン玉くらいの大きさのコリがいつからかあるのだが、そのあたりがうっ血しているのか。

うっ血で鼻血というのは、17歳の頃以来だな。

目が悪くて、ノートを書くにも5センチくらいに近づいていて、長時間その姿勢を保つもんだから、やっぱり首がうっ血して、その頃は毎日のように血を出していたような…。

若い頃だから、イヤラシイことばかり考えていて、そのせいで…と思いがちだけど、決してそうではない。

その証拠にメガネを新調したら鼻血は止まったものな。

そうそう、この手のステレオタイプな鼻血モノにチョコレートやナッツの食べ過ぎというのがありますが、僕は両方とも大好きなんだけど、まだ食べてから鼻血を出したことはないデス。

これって本当なのか?
[PR]
by lungs_ok | 2005-11-14 22:25 | [health]

不健康便り

風邪をひきました。

睡眠時間が少ないか、睡眠が浅い。

体がだるい。

食べ物がインスタントものに偏りがち。

さらにビタミン不足。

…というフローで、風邪をひくようです。

さらには、最近空気が乾燥してきましたよね。
それに加えて連日の寝不足がたたって、
目が充血しっぱなしです。

少し痛い。

眼圧とか関係あるのかしら。
[PR]
by lungs_ok | 2005-11-08 22:43 | [health]
ノートPCが身体に悪影響--米研究者が警鐘(CNET Japanの記事より)

うーん。やっぱりなあ。ノートは身体に悪いんだ。
僕は会社でも自宅でもiBookを使っている。いちいち数えていないけれど、毎日15時間以上はパソコンに向かっているんじゃないかな。たまに髪を切りにいくと、肩をもんでくれる人がいて、よく「ひどくこってますねえ」なんて言われる。

気をつけて背中をのばそうと思っていても、ホント、気がつけば猫背気味になっていて、肩が張っている状態が続く。椅子を低くしたり調節しても、今度は腕がダルくなったりして、結局は、どこかしら調子が悪くなる。

省スペースだし憧れも手伝ってノートパソコンは好きなんだけれど…。

そういえば、この「憧れ」はどこから来るのかと考えると、明確な根拠があります。
通常はきっと、なんとなくエグゼクティブな感じ(?)やなんらかのステイタス(?)としての「ノートパソコン」というのがあったりするのかもしれないけれど、僕の場合は、あのー、『鉄人28号』の正太郎少年が使っていたコントローラなんだよね。これが子どもの頃、すごく格好良く思えたのでした…。3つ子の魂というか、なんというか。
[PR]
by lungs_ok | 2005-06-01 21:33 | [health]

じんましん(気味)

2月がだいぶ暖かかったので、おそらく寒のもどりがあるとは予想していたけれど… 雪・みぞれになるなんて。
おかげで身体が追いついていけず、じんましん(気味)です。
[PR]
by lungs_ok | 2004-03-01 00:00 | [health]

イライラしている

とてもイライラしている.

空腹のためか.
カルシウムが足りないからか.
思うようにことが運ばないからか.
ビタミンが足りないからか.
ゴキブリを久しぶりに見つけたからか.
野菜不足のためか.
前を歩く人の踵をうっかり踏んでしまいそうになるからか.

あるいはそのすべてのせいか.
[PR]
by lungs_ok | 2004-02-12 00:00 | [health]

熱が出た:その3

37.1度
いやー,風邪で39度まで熱を出したのは久しぶり.インフルエンザなのかなあ.連休ということもあって病院には行っていない.37度代になり,小康状態に落ち着いたので,病院へ行くとしたら明日以降.

思い出してみれば,前回にここまでの高熱を出したのは大学受験のころで,センター試験を受ける10日くらい前に倒れたのでした.その後,一週間程度で恢復して,病後の体力がないヨレヨレの状態で試験を受けに行ったのも今となっては遠い昔.
[PR]
by lungs_ok | 2004-01-12 00:00 | [health]