読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2004年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

林真理子『死ぬほど好き』(集英社)を読んだ.

短編集でさらっと読めるのが良い.
一番最初に収められて「果実」は山梨あたりを想像させるのだけれど,桃の描写が良いなあと思っていたら,出身が山梨県なのですね.
知りませんでした.
[PR]
by lungs_ok | 2004-03-31 00:00 | [reading]

Black & White

b0049797_23515017.jpgBlack & Whiteを飲んでます.

わりと見かけるなどして存在は知っていたのだけれど,飲んだことはこれまでなかった.
ラベルの白い犬と黒い犬とがよりそっているのがかわいいですね.

瓶の色や佇まいがラフロイグを思わせなくもない… .
というわけで,飲んだ感じもラフロイグに通ずるものがあるような気がする.

もちろんブレンデッドなので,あのラフロイグ特有の強烈な個性はないのだけれど,ほんのかすかに消毒薬を思わせるようなピート香がする.
----------
ダルウィニー、グレンダラン、クライヌリッシュの三つのキーモルトを中心に、コンバルモア、グレントファース、アバフェルディなど35種類のモルトとグレインがブレンドされている。

発売当初の正式ブランド名は「ブキャナンズ・ブレンド」だった。でも巷では「Black & White」という愛称が好まれていたため、この名が正式名称になったとか。
[PR]
by lungs_ok | 2004-03-29 00:00 | [liquor]

乙一『暗黒童話』

乙一『暗黒童話』(集英社)を読んだ.

乙一の書き下ろし長編小説ということだそうだけれど,本の3/4くらいまでは、伏線の荒さみたいなのが気になった.
ただし,後半のクライマックスから結末までたたみかけていくような感じは良かったです.
[PR]
by lungs_ok | 2004-03-26 00:00 | [reading]

横尾忠則『名画感応術』

横尾忠則『感応術』(光文社)を読んだ.
[PR]
by lungs_ok | 2004-03-25 00:00 | [reading]
先月,みうらじゅん・いとうせいこうの『ザ・スライドショー』を観た,と書いたけれど,それに同梱されていた「ブートレグ版」というの観た(その時には観ていなかったんです).

個人的な好みにもよるのだろうけれど,ブートレグ版の方が面白かったです.こちらは前回みたものとは異なり,ハワイではなく国内でのスライドショー.国内だからふたりともリラックスしていたのかな… .

もっとも音楽のディスクでは,ライブ版としてきれいにまとめられた正規版よりもブートレグ版の方が熱気や瑞々しさに富んでいたりするから,そのあたりを狙ったのかもしれない.
[PR]
by lungs_ok | 2004-03-20 00:00 | [seeing]
澁澤龍彦『幻想の画廊から』(河出書房新社)を読んだ.

この本はシュールレアリスムやだまし絵や人形に関しての「幻想的な」エッセイ集である.それらの作品について,澁澤龍彦がどのように感じたのかが書かれている.印象的なところをいくつか抜粋する.

*精巧な筆致で描かれただまし絵の,特に鏡(の中の描写)に対して:
ここで,特に注意しておきたいことは,ヨーロッパの芸術家に特有な,この異常なまでの自然模倣の精神を,単なるリアリズムや自然主義の概念と同一視してはいけない,ということである.(… )実像と虚像とが向かい合う鏡の戯れは,あらゆる魔術の基礎である,といってもよい.詩人トリスタン・ツァラがいったように,鏡はたしかに「不安の果実」なのだ.(p163)


*人形を制作し偏愛することに関して:
もっとも,神の特権と考えられていた人間創造の秘密を奪おうとする,彼らの形而上学的な野心には,もう一つ,近代になるとともに,別の要素が加わってきたことを認めなければなるまい.それは,いわば性的な権力意志ともいうべきものであり,神の死とともに始まった,不毛なナルシス・コンプレックスとも呼ばれるべきものである.(p.211)


*あとがきにあった,詩的な一節:
流行は夭逝する.(p.233)


僕は以前何かで,鎌倉にある(あった)澁澤邸の写真を見たことがあるのだが,マントルピースの上に置かれた琥珀は印象的だった.琥珀に閉じこめられた生物に対して,あるいは彼は何を思いめぐらせたのだろう… などと感じたことをまた思いだした.
[PR]
by lungs_ok | 2004-03-19 00:00 | [reading]
ラブレー第五之書『パンタグリュエル物語』(渡辺一夫訳,岩波文庫)を読んだ.
[PR]
by lungs_ok | 2004-03-19 00:00 | [reading]

ニラ玉

1.卵2個をときほぐす.
2.卵を煮物用に稀釈しためんつゆ1/2カップで味付ける.
3.ニラ1束を4cmくらいに切って,「2」に混ぜる.
4.ごま油大さじ1をフライパンに熱し,一気に「3」を加える.

*材料は2日(2人)分
*卵を焼くときはグルグルまわして周囲が固まったら,箸でひとまぜする.
*卵はレアな感じで火を止める.
[PR]
by lungs_ok | 2004-03-17 00:00 | [food]
機会があったので,山本鈴美香『エースをねらえ!』(中央公論社)を読んだ.ちょうどTVでドラマ化されていたみたいだけれど,あまりそちらの方は見ていない.

僕が知っているのは「コートでは〜」で始まる主題歌ではなくて,「泣きたいときはコートで泣けと〜」で始まる『新・エースをねらえ!』だった.なおかつ,宗方仁が逝ってからはたしか外国へ行くんだったよなあ… とその後のことは全然知らないのであった.

というわけで,結末を知ることができて嬉しい.
「その後」のしばらくは重たい雰囲気が漂う.ストーリーのテンポもゆっくりで,少々中だるみな感じがする(演出上かもしれないけれど).主人公をお蝶夫人だと思って読んでいくとさらに切ない感じがするので,ぜひ一度ためしてください.

久々にテニスコートに立つ夢を見たよ.
[PR]
by lungs_ok | 2004-03-15 00:00 | [reading]

デンキブラン

b0049797_23555487.jpgデンキブランを飲んでます.

本当はカティサークあたりを飲もうと思ったのだけれど,ついつい懐かしめのラベルが気になってしまって,購入することに.

「ブラン」というくらいだからブランデーの味わいが強いのかと思いきや、むしろジンに特有の、鼻腔にすうっと抜ける香りが.よくよく読んでみると,ブランデー,ジン,ワイン,キュラソーなんかがブレンドされたれっきとしたカクテルなんだそうである.

40度近いので,生のまま飲めば,デンキのようにシビれること請け合い… .
[PR]
by lungs_ok | 2004-03-12 00:00 | [liquor]