読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2004年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

村上龍『自殺よりはSEX』

村上龍『自殺よりはSEX』を読んだ.

村上龍のものはそんなに読んだことがない.
以前読んだやつは坂本龍一との往復書簡集で,たしか月刊カドカワとかに載っていたものだと思う.そのときには,映画を撮ることと,キューバのことしか書いていなくて,坂本龍一との「往復書簡」というよりかは,村上龍のその当時の(=現在の)興味のあることがつらつらと書かれてあって,そういう夢中になってしまうところが,永遠の「男の子」性とでも言うべきイノセンスを体現しているようで,むしろそのことに共感を抱いたのであった.

以前はちょっと,どうしようもないくらい身体に入り込んできてしまうテイストのものがあったりしたため,読まず嫌いというよりも身体が受け付けず,読むべきではないと敬遠していたものがあるのだが(例えば中上健次や村上龍のものなど),そういうものも今は読めるようになったわけで,なんというか,時間は経っていくのだねぇ.
[PR]
by lungs_ok | 2004-04-19 00:00 | [reading]

Led Zeppelin I

朝,目ざめても身体が重たく感じられて,まったく起きていない.どうにかならないものか… .そろそろ僕もトシだものな… などと思っていた.

久々に(それこそ10年ぶりくらいに)Led Zeppelin I を聴いたら,イッパツで目が覚めた.身体も起きた.

たぶん,今の僕に足りないのは,ロックなのだろうと思う.
[PR]
by lungs_ok | 2004-04-16 00:00 | [listening]

Lambrusco

b0049797_2351948.jpgランブルスコーを飲んでます.

スパークリング・ワインの類で赤と白がある.
個人的には赤の方がコクがあって良い.

村上春樹がエッセイの中で,ワインをペリエで割ったものをガブガブとよく飲む… というようなことがたまに書かれてあったりするけれど,きっとそれと同じように,いや,それよりもおいしい飲み物なんじゃないかな.

口の中がシュワーッとして,食事もおいしく感じられる.
唯一の難点といえば,飲み過ぎてしまうことです… .
[PR]
by lungs_ok | 2004-04-12 00:00 | [liquor]
1.ブロッコリー1株を適当な大きさに切って塩ゆでする.
2.豆の缶詰1缶とブロッコリーを,マヨネーズ大さじ2であえる.
3.塩・胡椒で味を調える.
[PR]
by lungs_ok | 2004-04-09 00:00 | [food]

『流流時空展』

b0049797_2359257.jpg『流々時空展』を文房堂ギャラリーで観てきた.この展示は内海信彦さんに教わっている人たちのもので,彼の1989年頃の作品も特別出品されていた.

展示された作品たちは率直に言って,内海さんの影響が色濃いという印象を僕は持った(たしかにいろんな人に影響を与えかねない人なんです).細かい技法上のことはよくわからないのだけれど,一見,絵の具を流したような画面の作品が多かった.

たぶん,彼らが学んだであろう事柄はもっと他にあるはずなのだが,それがいまひとつ出きっていない,そんなふうに僕には感じられた.

僕がこの展示で気に入ったのは,作者は忘れたが,大きな画面に黒い色でピーマンを描いたものだった.よりにもよってそれは冷蔵庫で何日か眠っていたかのようにいささかしなびた,形のしょんぼりとしたものだった.

描くべき必然性のようなものをピーマンという対象自体からは感じられないのだが(本当はあるのかもしれないけれど),作者が描きたいという、初期衝動のような必然性が感じられた.それにプラスしてユーモアが漂っているのが良かった.

内海さんの作品で印象に残ったのは墨を流していたころのもので,おそらく30歳代半ばの作品.僕もその年齢に達したときにそれと同じような、あるいはそれ以上の仕事が成せるのだろうか…というようなことを感じた.
[PR]
by lungs_ok | 2004-04-05 00:00 | [seeing]