読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2004年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

坂本龍一『/04』を聴いています.
『1996』やそれ系のピアノ中心のアルバムで,Asienceや山崎のCFで使われている曲が収められている.
全体を聴いた感想としては,ちょっとゆるいなあ,という感じがした.「ずれる」というか「甘い」というか,坂本さんが自らもどこかで言っているように,ピアノプレイヤーではないので,その辺はしょうがないのかなあ.一番かっちりとしていたのは「+33」というヴィトンのアニヴァーサリのための曲ですね.

買うときに「Perspective」「Dear Liz」「Riot in Lagos」の3曲をオビで見つけて,とっても期待したのだけれど,「Dear Liz」はちょっと物足りなかった.公式サイトによると,冗長なのでカットした,というようなことが書いてあったと思うけれど,僕としてはそこを聴きたかったのでした… .

一方で,「Perspective」はそのゆるみ加減が良い方向に出ていたように思う.「Riot in Lagos」はなんというか,YMOの「体操」を思い出させるような,つまりその,ピアノだけなのにテクノだなあ,という感じなのでした.
[PR]
by lungs_ok | 2004-11-29 23:45 | [listening]

文学フリマ

東京都中小企業振興公社で行われた第3回「文学フリマ」太平洋プロジェクトの一員として出店・参加しました.

思いつきでDTPワークを一手に引き受けて,一時はどうなることかと思ったものでしたが,無事完成して,今日,販売してきました.よかった.よかった.

きちんと製本された時の嬉しさもひとしおなのだけれど,こう,手ずから買われてゆく光景を目にするのもまたいいものですね!

次は,第2号の制作と,リーディング・イヴェントの開催が目標です.
[PR]
by lungs_ok | 2004-11-14 20:42 | [writing]

¥30,000,000!!

3000万円!
こういうのを購入できる「大人」になりたいです。

山崎蒸溜所カスクリスト オーナーズカスク サントリー

ああ。
[PR]
by lungs_ok | 2004-11-12 02:31 | [liquor]

フリーマーケット雑感

初めて,フリーマーケットに参加した.明治公園とかいう日本青年館のそばにある公園で行われたものに参加した.
もう着ない服とか,そういうものを売った.スーツも売ろうと思ったのだが(10年ちょっと前に流行ったような,肩が異様に大きいやつ),それはちょっと思い直して辞めた.
周りの人たちは,しきりに「売れない,売れない」と言っていたけれど,僕の所はそんなことがなく,わりとスムーズに売ることができた.
ブランドものを男物,女物を問わず求めていく人がいて,きっとバイヤーか何かなのだろうと思った.外国の人にもカタコトの英語でコミュニケートしたりして,なんというか,そういうのは気持ちが良いですね.
とても気持ち良い季候で暑いくらいだったけれど,とても楽しめました.
帰りは以前から行きたいと思っていたギーというレゲエのかかっているカレー屋さんでチキンのカレーを食べました.うまかったなあ.
[PR]
by lungs_ok | 2004-11-06 20:30 | [diary]

証明写真で人相占い

これは面白そうですね.

コニカミノルタデジタル証明写真ボックス「Ki-Re-i」(キレイ)で『人相術占い』サービスを開始
[PR]
by lungs_ok | 2004-11-05 22:31 | [diary]

今週の一枚

Frank Sinatra"Swing Easy & Songs For Young Lovers"
-----
ゴージャズな感じで,きちんとエンターテインしていて,素晴らしいです.
[PR]
by lungs_ok | 2004-11-02 00:51 | [listening]
レベッカ・ブラウン『体の贈り物』(新潮文庫)を読んだ.
新刊が出た時点ではなんとなく敬遠してしまって,読まなかったのだけれど,読んでみて良かった.そう思える本だった.


(… )で,この本の内容をざっと要約してみると,たとえば「エイズ患者を世話するホームケア・ワーカーを語り手とし,彼女と患者たちとの交流をめぐる,生と死の,喜びと悲しみの,希望と絶望の物語」といった具合になるだろう.
(… )そう聞いて「あ,俺,そういうのパスね」「私それってちょっと」と思ってしまわれる読者の方も大勢いるのではないかと思う.けれども,まさに「そういうのパス」「それってちょっと」と思われる方々のなかに,実は,この本を読んだら気に入ってくれる方がいるにちがいない,とかなりの確信をもって思うのである.(p.220)


訳者あとがきに柴田さんが書いてあるとおり,まさにそのような展開になってしまった! 近々青山ブックセンターでレベッカ・ブラウンと柴田さんのトークショー(のようなもの)があるみたいで,是非行きたいのだが平日だしなあ.難しいなあ.

その変わり,といってはナンだけれど,『ナイン・インタビューズ』を読み返してみようかな.
[PR]
by lungs_ok | 2004-11-02 00:40 | [reading]