読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

朝から萎えるなあ

徹夜中で疲れているというのに、モールス信号みたいな電話がかかってきた。
SOSなのか? ピピピ・ピーピーピー・ピピピ。
気持ち悪いったらありゃしない。
ますます疲れる。
[PR]
by lungs_ok | 2005-03-31 08:06 | [diary]

日曜出勤で、徹夜

日曜出勤で、徹夜というのは疲れるなあ。
土日で取っている1週間の疲れがたまる。
眠い。
*sigh*
[PR]
by lungs_ok | 2005-03-28 05:24 | [diary]

 日本の建築界をリードし、「世界の丹下」と評価された文化勲章受章者の建築家、丹下健三(たんげ・けんぞう)さんが、22日午前2時8分、心不全のため東京都港区内の自宅で亡くなった。91歳だった。

 告別式は25日正午、文京区関口3の16の15東京カテドラル聖マリア大聖堂。喪主は妻、孝子さん。

 1913年、大阪府生まれ。中学まで愛媛県今治市で過ごし、38年に東大工学部建築科を卒業。前川国男建築事務所に勤めた後、東大に戻り、助教授を経て64年に教授となった。

 都市計画を専門とし、機能性と美の融合を図る近代建築を推進。広島市の平和記念公園(49年)のコンペで1等に選ばれて注目され、東京都庁第1庁舎(57年)や東京オリンピックの代々木・国立屋内総合競技場(64年)などの設計で世界的な評価を得た。

 大阪万博の会場構成(70年)のほか、海外での仕事も多く、ユーゴスラビア、イタリア、中東などの都市計画、復興計画を手がけた。日本建築学会賞(54、55、58年)や英王室建築家協会のロイヤル金賞(65年)など内外の賞を多数受賞。74年に東大を退官して名誉教授になり、79年に文化功労者、80年に文化勲章を受章した。

 以後は東京都の新庁舎(91年)、フジサンケイグループ本社ビル(97年)、東京ドームホテル(2000年)などの仕事がある。著書に「東京計画1960」「建築と都市」「一本の鉛筆から」など。(読売新聞)

外出すると、どこかしら目に入ってくる東京都庁や、今何かと話題のフジサンケイビルもそうなのですね。91歳だったんですね。
オフィシャルサイト
[PR]
by lungs_ok | 2005-03-22 18:05 | [diary]

トニー滝谷

先日予告した通り『トニー滝谷』を観た。
もう少し、「映画」っぽくても良かったんじゃないかなと僕は思う。「映画」の明確な定義みたいなのはできないけれど、この作品は小説のPVというか、イメージヴィデオというか、そんな感じがしたのだ。どうせだったら、ハルキさんも学生時代に早稲田の図書館で脚本を読んでいたというのだから、いっそのこと脚本を書いちゃったら良かったのに、なんてね。

・製作会社が「WILCO」というのは、どこかのバンド名のようで気になります。
・『ノルウェイの森』を映画化する時に、直子役は宮沢りえというのも意外に良いかもしれない。
・イッセー尾形の食事シーンで、ボールにいっぱいの野菜サラダは、ハルキさん自身の朝食のようですね。

評価:(☆☆)
[PR]
by lungs_ok | 2005-03-17 06:56 | [seeing]

アップルケーキ

b0049797_8154544.jpg
アップルケーキを作りました。

リンゴが最近作ったいくつかのものより、大きめに入っていて、まるでブランデーをかけたみたいに香りが良いです。

マーガリンではなく、バターを使ったので、きちんと型から抜けました。もちろん味もおいしいです。
[PR]
by lungs_ok | 2005-03-09 08:15 | [food]

痕跡

最近観た展覧会の話.
----------
国立近代美術館『痕跡——戦後美術における身体と思考』展を観た.60人の作家の120点あまりある作品の展示は,とても見応えがあって,疲れちゃったり,最後の方にはどの作品が誰のだったか忘れてしまうほどだった… .そういえば昔は,シャープペンシルとメモ帳を片手にひとつひとつをなめるようにして観ていたっけ… .

一番の発見だったのは,アンディ・ウォーホルが『ピス・ペインティング』などでわかるような,自身の小便や精液で描いた絵画があったということだ.これは知らなかったなあ.今までのウォーホルの回顧展を観てきた中では,この手の作品は紹介されていなかったように思う.
僕は身体性という問題に対して,たとえばギルバート&ジョージやアンドレ・セラーノやダムタイプを絡めてなんらかの解を求めようとしているので,とても興味が湧いた.とはいえ,解説には身体性の問題というよりも,純粋にセクシュアリティの問題としてデュシャンを引き合いに出して捉えていたから,なるほどそういう観方をした方が(ウォーホルがデュシャンの作品を観ていたわけではなかったにせよ),自然な感じがしたのだった.
[PR]
by lungs_ok | 2005-03-07 02:32 | [seeing]
 “教授”こと坂本龍一(53)の幻のファーストアルバムが世界で初めてCD化されることが2日、明らかになった。1976年にアナログでわずか500枚プレスされた「ディスアポイントメント―ハテルマ」が24日、デジタル・リマスター化され復刻発売される。ネットオークションでは10万円前後の値が付くレア音源。YMO以前の“教授”のプレーは、もはや“世界遺産”といえる貴重なものだ。
 坂本龍一といえば細野晴臣、高橋ユキヒロのメンバーで1978年に結成した「YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)」で世界の頂点に立った。コンピューターやシンセサイザーなどを駆使した「テクノポップ」が時代の波に乗り、いまや伝説といわれる「ライディーン」「ソリッド・ステート・サバイバー」らの名曲を生んだ。
以下、略


既にこのニュース以前に、サイト上でリリースされるというのは知っていたので、購入予定なのですが、

> いまや伝説といわれる「ライディーン」「ソリッド・ステート・サバイバー」らの名曲
. . . これって両方とも曲は幸宏さんだよなあ. . . 。
[PR]
by lungs_ok | 2005-03-04 10:47 | [listening]

疲れのバロメータ

自分が翻訳した原稿を10回くらい読み返して、なんか変だなあと思ったら、CFOを最高経営責任者って訳していたんだな。
それはCEOで、CFOは最高財務責任者だよなあ。
[PR]
by lungs_ok | 2005-03-04 00:29 | [diary]

アップルオレンジケーキ

b0049797_23431866.jpg
アップルオレンジケーキを作りました。

オレンジのビターな味わいがほのかに感じられて、おいしいです。
見ての通り、型から外す時に失敗してしまった。症状はこの前に失敗した時と同じ。

これまでの成功例と比べてみると、失敗の共通点は料理用マーガリンにあるのかな。

ほぼ同じ材料でケーキ作りをしているのに、成功していたのはすべてバターだったので、違いはそのあたりかと。

これからは必ずバターを使うことにしよう。
[PR]
by lungs_ok | 2005-03-01 23:43 | [food]