読んだ本、観た映画、聴いた音楽、飲んだ酒、作った音楽や料理などなど。


by lungs_ok
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フランネルのブレザーコートを着て、マフラーを巻こうとしたら、
金属の物体が床に落ちる音がした。

500円玉にしては重たい音だなと感じたのだが、
よく見れば、
段返り三つボタンのブレザーコートの、
真ん中のボタンが取れていた。

リフォームに出してもいいのだが、
せっかくなので、自分で繕おうと思い立った次第である。

さて、どんな糸で縫えばいいのか。

ボタンが取れた部分に残る糸を光にかざしてみると、
コットンとは異なる光沢があり、
繊維のようなものがピンと毛羽立っている。

もしかして、丈夫なビニルや
ナイロンのような糸を使っているのかとも思ったのだが、
調べてみれば、
スーツやジャケットのボタン付けに用いる糸は、
麻でできた糸が多いということが判明。
(ちなみにボタンホールは、
 絹糸で縫われることが多いのだとか)。

繊維のようなものは、つまりは麻だったんだね。

これまで麻の糸というものを見たことはなかったが
(荷造りに使う麻ひもは見たことがあった)、
たぶん、この糸がそうなのだろうと思い、
方々を探して歩いたところ、
ロウ引きの麻糸というのを見つけた。
(他にも、麻糸は、革を縫うのに使われるようで、
 むしろ、店頭の品揃え的には、圧倒的にそちらの種類が多かった)。

さっそくブレザーコートのメタルボタンを繕う。
b0049797_15354072.jpg

職人の手による他のボタンは、
取れそうで取れない程度に遊びを設け、
甘く縫い付けてあるのだが、
なにぶん、僕は素人なので、
知らず知らずのうちに、
ガッチガチになってしまう。

まあ、これで当分ボタンが取れることはあるまい。
[PR]
by lungs_ok | 2010-03-17 15:35 | [style]

親不知を抜きました。

親不知を抜いた。
僕の親不知は上顎下顎両方に4本生えていて、
そのうち3本はずいぶん前に抜いていたのだった。
下顎にある残り一本を温存していたのだが、ついに抜くことにした。

以前の記憶によれば、下顎の歯を抜くときは、
ペンチみたいな道具でグイグイやることもあり、
結構、痛かったように思うのだが、
実際にやってみると、そうでもなかった。

抜く途中で耳慣れない「バキッ」という音がしたので、
いぶかしがると、
「歯の根っ子が折れた」とのこと。
ゆくゆくは骨に変化するそうなので、
ずっと腫れたりしない限りは、このままにしよう、と歯科医は宣う。
へえ、そんなものなのか。

さて、抜いた後は、
出血も結構したように思うのだが、
それほどでもなかった。
齢を重ね、血の巡りが悪くなったのか…。

抜いた歯は、もちろんいただきました。
まるでペンダントやロケットのような、
首からぶら下げられるようにしたタイプの
歯の形をした専用のケースに入れてもらった。
#身につけてどうするのかとも思うのだけれど。
↓こんなケース。
b0049797_18374337.jpg

※残念ながら中身は見せられません。

1時間ほどしてから、
止血用の滅菌ガーゼを取り除いてみると、
例の、まるでブラックホールのような穴が、
赤黒く歯肉に空いているのが分かる。
これが自然と閉じていくのだから、不思議だよなあ。

…とはいえ、5日ほど過ぎた今も、
ジンジン痛むんだよなあ。
[PR]
by lungs_ok | 2010-03-09 11:53 | [health]